お金を借りる理由、それはお金がないから借りるということです。お金を借りるというのは、返せるあてがある場合には、どうしてもいけないこととは言えません。しかし、なぜお金がないのかが問題といえるでしょう。お金を借りなければならないほどお金がない理由はどこにあるのでしょうか。例えば、収入に見合った生活をしていない点にあります。生活するので精いっぱいの給料しかないというのに、それ以上に使ってしまっている場合には給料日前にお金を使い切ってしまうことになります。それが毎月のこととなると、完全に使い方を考え直さなくてはならないでしょう。毎月お金を借りなけれならないということは、無駄なお金の使い方をしていないかを見直さなければ、いつまでたってもお金を借りる生活が続いていくようになります。

一度お金を借りてきちんと返すことが出来た場合には、また困った時には借りればいいと簡単に思うようになってしまいます。次に借りるときには、少し多めに借りてしまうようなことをすれば、全額を期日までに返済できなくなることもあります。それが続いていく事によって、利子だけを返すのが精いっぱいになってしまうこともありますので、借りるのが癖にならないようにしなくてはなりません。お金を借りる生活が当たり前になっていると、ちょっと足りない時にはすぐに借りればいいと思ってしまうようになりますので、お金を借りることが自分にとって悪いことだという認識が甘くなってしまうのです。毎月お金を借りて生活をしている人は、一度きれいに精算をしてもう借りないようにしなくてはなりません。借りない生活が数か月で来たのであれば、それをこのまま続けていくようにしましょう。お金を借りるというのは自己責任していかなくてはなりません。家族や周囲を巻き込むようなことになってもいけませんので、自分で責任がおえる範囲でするようにし、一切家族や友人を巻き込まないようにしましょう。