学生と一口に言っても色々ですが、大学生やそれに準じるような学校に行っている学生の場合はどうしても色々と出費が重なるものですよね。それに今はお金が無いので出来ないことでも、将来はお金よりもまとまった時間が無くて難しくなることが多くなりそうですよね。そう考えると、したいことがあるときにそれをお金がないと言うだけの理由であきらめるのはあまり利口なやり方ではないのかもしれません。どうしても必要なお金ならアルバイトすると言うような方法だけでなく誰かにあるいはどこかでお金を借りると言う選択も決して悪くないと言えます。しかし個人的なお金の貸し借りは人間関係に悪影響を残しがちです。特に親しい人には頼まない方が良いでしょう。そこでおすすめなのは正規の金融業者です。実は学生であっても条件を満たせば特に問題なくお金を借りる事ができるのです。

もちろん普通の社会人と同じ条件で借りることが出来ます。まず基本的に20歳以上であることが必要です。これは成人していないと自己責任で契約が出来ないためです。未成年の人は保護者の同意が必要ですし、通常は契約が出来ません。それから安定した収入があることが条件となってきます。これは消費者金融でお金を借りる場合には貸金業法の総量規制により年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないために、収入のない人は借りることが出来ないからです。しかしそれほど構える必要はありません。普通にアルバイトなどをしていれば十分です。継続的にアルバイトをしていて、勤務先に在籍確認できれば収入証明書などなしで申し込むことが出来ます。これは消費者金融だけでなく、クレジットカードや銀行でも同じです。借入できる金額は年収の3分の1までですが、年収が前年度の年収が確定していなくても申し込めますのでアルバイトを始めて間もない人でも借りる事ができますので安心してください。返済できそうも無いお金を借りるのは当然おすすめできませんが、計画的に卒業後に返済する予定で学生時代に投資するのはとても利口な使い方だと言えるでしょう。